「任意売却」とは、住宅ローンの支払いが出来なくなった場合に、住んでいる家を売却してローンの返済に充てることで、競売より有利な方法です。 融資を受けている金融会社の合意のもと物件売却がはじまるわけですが、任意売却の場合でも相場に近い金額で売却できます。しかも残債務の返済なども無理のないよう相談できますし、物件売却にともなう引越し代も出る場合があり、売主の負担が少ない方法です。 一方「競売」は強制的に住んでいる家を売却され、相場より安い金額で落札される事が多いので残債務が多く残ります。引越しは実費ですし、落札者の都合が優先されます。しかも競売になったことが、ご近所にも知られてしまうので売主の負担はかなり大きいです。家を無くして、多くの残債務だけが残ります。 任意売却は、弁護士、司法書士などのプロの方に、相談することからはじまります。住宅ローンの支払いが大変で物件売却を考えるとき、任意売却という方法も選択肢にいれてみてはどうでしょうか。