アパート管理をビジネスとして考えると、不労所得が期待できる事業です。所有している物件を提供するだけで家賃収入で毎月稼ぐ事ができる為、金融商品への投資と比較してもリスクは低いです。また、住宅ローンによって建てたアパートも賃貸物件として使用できる可能性があることから、サラリーマンやOLの副業としても人気です。
しかし、アパート管理にはリスクがあります。常に入居希望者がいるような人気物件であれば良いのですが、入居者が決まらない場合や家賃の滞納が原因でオーナーが住宅ローンを支払えなくなってしまうことが考えられます。この時、任意売却物件として所有していたアパートが担保として金融機関との合意のもと、売却しなければならないケースがあります。その場合、手元に資産は残りません。
そのため、不動産投資は儲かるビジネスとして簡単に手を出すべきではありません。収益性が期待できるかどうかを熟考してからアパートの建設を決定すべきです。