住宅ローンを利用する時ですが、中には恐ろしいと思っている方がいるものがあります。それは返済についてですが、変動金利を利用した場合です。
変動金利を利用してしまうと、のちに金利が上昇してしまいますとその影響を非常に多く受けてしまいます。結果的に変動金利になれば返済で損をしてしまうという事を考える方は多いです。その考え方は間違いではありませんが、100パーセント正しいものとは言えません。
実は住宅ローンにおける変動金利については、それほど大きな影響が出ない事がほとんどです。反映についてはかなり時間がかかることがあります。また、日本の場合は、新興国と比べて安定していますので、金利が急上昇する可能性が低いです。
かえって固定金利のほうが少し金利が高く設定されているというマイナス面もあります。返済については固定金利のほうが不利になってしまうことも考えられますから、政や景気動向を想定しながら両者を比較すべきです。