住宅ローンを組む時に、非常に問題になるのが頭金の存在です。いったいどの程度の金額を用意すればいいのかと悩んでいる方も多数います。
昔は、住宅価格の20パーセントを用意すればいいと言われていました。実際、それだけの金額を用意できたら安心できます。
ただし、考えてみれば一般的な住宅の価格基準となる3,000万円の物件の20パーセントは600万円です。それだけの頭金を用意する為には年数が必要です。
そこで最近登場した金融商品として、住宅ローンは全額カバーできるものが多くなったということです。3,000万円の物件なら3,000万円までローンが組めるというものです。もちろん、金利は3,000万円に対して発生するため、負担が増えますが早期に住宅を購入できます。
ただ、全く自己資金がいらないといいうわけではありません。
せめて必要といわれているのが、ローンを組む諸費用分程度は用意しておくというものです。諸費用ですが、物件の金額やローンの金額にもよりますが、100万円から200万円程度になることが多いです。そちらを用意できるようにまずは計画を立ててください。