住宅ローンの返済を考えるうえでは元金をチェックしなければしけません。元金とは、住宅ローンの残金の事を言います。
実はその元金は、返済を考える上で重要な存在です。そもそも、元金の多さによって返済しなければいけない利息額に変更が出てきます。
仮に借金の元金が3,000万円あったとします。その場合で年率が3パーセントの利息出会った場合のひと月の利息は、7万5,000円にもなります。それが住宅ローンの元金が1,000万円まで減っていたとしますと、利息額は2万5,000円にもなるわけです。
以上の事から、住宅ローンの返済はまず最初は利息ばかりを支払うことになるということが分かるはずです。なかなか元金が減りません。そしてある程度の返済が進むと、元金がどんどんと減る仕組みになっているわけです。いかにして早めに元金を減らすのかが重要なテーマになります。
繰上返済手数料は発生しますが、100万円単位で返済する場合、繰り上げ返済は効果があります。通常通り返済するのと比較して繰り上げ返済を行う意味があると判断した場合は、早めに返済していくことが重要です。