住宅ローンの金利の動向を知る上で覚えておきたいのは、金融緩和がローン利用者にとって有利に働くこともあるということです。金融緩和によって金利が大幅に下がれば、住宅ローンは利用しやすくなりますし、これらの緩和策が行われるか行われないかについても、政府の動向を確認の上ある程度考えておきたいところです。日本銀行による金融緩和は、住宅ローン商品を取り扱う銀行にとっては、大きな圧力になることもあり金利引き下げを余儀なくされるという状況を作り出すこともあるため、日本銀行の動向を上手く把握できれば住宅ローン利用の頃合を見極めることも可能になるのです。このため、大幅な金融緩和の政策が打ち出された場合は、住宅の購入を考えている人達は真剣に考える必要があるでしょう。このような政策によって金利の負担を最小限まで抑えられた状況の下、住宅ローンを利用できることもあるのです。ローン利用者には基本的な金利の知識も必要不可欠なのです。