住宅ローンの返済が難しくなってしまった、返済ができなくなってしまったという状況に陥った時には、任意売却をすべきです。なかなか踏ん切りがつかずに、任意売却のできない状態まで決断できず、結局競売にかけられてしまう場合も結構あります。しかし、競売の場合にはそもそも売れるまでにとても時間がかかり、値段もとても安く売られてしまう場合が多いです。それに比べて任意売却の場合にはすぐに売る事ができますし、値段も競売に比べれば高く売る事ができます。
任意売却のメリットは、金融機関との交渉は比較的緩い目で見てもらえます。これは、債務の返済に協力的として好意的に見られるからです。たとえば、引越し費用も負担してもらえることがあります。
したがって、再スタートをすぐに行う場合には、この任意売却をするのが最善の手だと言う事ができます。せっかく買った家を手放すという事は勇気のいる事ですが、どちらにしても自分の手元からなくなってしまう定めであれば、潔く任意売却をしてしまった方がメリットは大きいです。