住宅不動産を新規購入する場合や、戸建住宅を新築する場合に金融機関で資金を融資して貰うという事は今では常識となりつつあります。勿論人によっては現金で購入という人もいるかもしれませんが、多くの方は銀行やそれ以外の金融機関で住宅ローンを組み資金を融資して貰います。この際火災保険に同時加入する人は多いのですが、これは別にどうしても契約、加入しなくてはならないという事はありません。断る事も出来ます。
融資の条件として保険加入を勧めるような事は保険業法により禁じられています。他に良い火災保険を知っているのであればそちらで加入しても構いません。この火災保険は契約時にその期間を定めるのですが、中には長期で契約する人もいます。長期で契約したものの途中で他の保険に乗り換えたい場合は、契約の途中でも見直す事が可能です。現在加入している保険を一旦解約という事になるのですが、その際にはきちんと残りの年数分の保険料は返還されます。