住宅ローンを組むにあたって、大切なのがお金です。予定外に住宅を購入することになり、頭金がないという方もいます。最低限の貯金はしていても、全部頭金の支払いに費やすことはリスクが高すぎます。
家を買うなら、いろいろな諸費用が必要になります。200万くらいを目安にしておくのが一般的です。家具や家電製品も含めて購入します。それに、万が一なにかあったときのために、貯金は残しておく必要があります。そうなると、数百万の貯金があっても、頭金として使うことは難しいものです。
しかし、最近は住宅ローンも超低金利の時代ですから、頭金がなくても審査申込ができるケースも増えています。貯金額を目減りさせず、早く大きな家を建てたいというとき、敢えて頭金を払わないという選択肢もあるのです。
もちろん、金利負担は発生します。しかし、低金利ですから従来と比較すれば大きな負担になることはありません。したがって、この仕組みを有効活用することで貯金額がある状態で新居を構えることができるのです。