任意売却ですが、住宅ローンの支払いにかかわっており、返済ができなくなってしまった方が土地や建物を売却して一括返済に応じる方法の一つです。競売になる前に行わなければならないため、早期の判断が求められる部分です。ただし、住宅ローンの返済については費用というものも考える必要があります。任意売却にもいくつか費用がかかってきますので、その点について把握しておく必要があります。
任意売却にかかる費用としては、主なものに不動産売買に伴う仲介手数料といったものや抵当権抹消のための諸費用があります。特に大きな金額になるのが、不動産売買に伴う仲介手数料です。大きな不動産を売却する場合には、100万円前後の金額になってしまいますので注意してください。
ただし、100万円前後を用意しなければいけないわけではありません。そちらの手数料については、自動的に売却金額から引かれますから、実質的に支払うような必要は全くないわけです。特に損と感じることはないので安心してください。