最近は、さまざまな事情から融資を多く受ける人たちが増加しています。しかし返済が負担になると、さらに違うところから借りて返す人たちも増えています。この状態が進むといずれはどこからも借りられなくなってすべての返済ができなくなります。住宅ローンを払っている場合も、そのようなパターンになることが少ないとはいえません。多数の融資サービスへの返済額の合計が、収入をはるかに超えている場合は、自己破産がすすめられることがよくあります。住宅ローンを払っているときは、その住宅は取り上げられることになります。破産管財事件となって、破産管財人(破産者の財産の管理をするために選ばれます)が債権者たちへの支払いを早めるには、住宅のような価値のある財産を全部換価してしまうのです。破産管財人の判断にもよりますが、任意売却というほうほうがとられることもあります。任意売却を使うと、比較的その住宅が高く売れる可能性もあるのです。