所有者が祖父で死亡時に住宅ローンが残っていたらどうなってしまうのでしょうか。滞納してしまうと催促状が届いてしまい、最悪自己破産を迎えることになるかもしれません。不動産は名義変更の手続きで相続していきます。そんな中で任意売却を行って言ったらどうなるのでしょうか。自分で競売ではなく価格をつけて不動産を売っていくわけですが、ローンによって資金もなく途方に暮れてしまうよりかはマシです。大半の弁護士や任意売却の相談に乗ってくれる業者は相談されていたらここで、相続をしていくべきか相続を放棄するかアドバイスをしてくれます。そこで任意売却となったら物件の査定を行って適正価格をはじき出していくのです。売れれば諸費用も売却代金からまかなうことができるでしょう。資産の大半は不動産です。ローンが絡んでくると相続後支払いが引き継がれていき、自己破産してしまう危険性があります。返済額を作るためにも任意売却で効率よく資金を確保していきましょう。