任意売却とは、マンションや戸建ての購入の際に組んだ住宅ローンの返済が困難となったときに行う債務整理の方法の1つです。何カ月も返済を滞納し、やがて競売開始通知が届いてしまうと落札次第速やかに退去しなければならない上、落札額も通常の市場相場より何割か下がります。、ローン返済に充てるにも残債は多く残ることとなります。しかも退去後に新たに生活を始める費用は一切捻出されないという、債務者には不利な結果となってしまうのです。そうならないためには、滞納期間が長期間に渡る前に任意売却を考えるべきなのです。
強制的に法的手段を取られる競売とは違い、任意売却は大まかに言えば自らの意思で売却を決定し、それに当たって専門家を通じて債務整理の相談をするというものです。、金銭的にも精神的にも競売よりは若干の余裕を残すことができます。ローン返済の滞納がおよそ3カ月ほど続くと、金融機関から残債の一括返済を求められます。そこから債権が保証会社に移るとローン借換の余地もなくなり、債務者として整理に入るしかなくなるのです。つまり、それまでに専門家に掛け合うようにすれば負担は極力軽減されるといってよいでしょう。