後々の大きな資産になるものとして、アパート経営やマンション投資に着手する方もいらっしゃるでしょう。うまくいけば、家賃収入をコンスタントに得られて、物件購入時に融資を受けた不動産投資ローンを返済できてなおかつ半永久的に利益を得られる可能性があるとあっては、将来のために投資に踏み切るのもうなずけます。しかし、アパート経営やマンション投資を安易に始めてしまうと、後々に負担がのしかかることにもなりかねません。
まず、アパートを資産として認識するには、永続的な家賃収入が得られることが第一条件です。都心部を含めて人の出入りが多い地域でも、昨今は賃貸物件の供給が増加し続けており経営する物件の入居率は必ずしも見込めるものではなくなってきました。そこへ、年数経過による修繕費のような管理費がかさんでしまうと、赤字を出さざるを得ません。
このように収益が見込めないと判断した場合には、早急に任意売却の措置を取ることをおすすめします。投資目的のアパートやマンションの任意売却は借主や管理会社も絡む問題です。期間には充分余裕を持って臨みましょう。