個人の居住用として住宅ローンを組んだマンションの場合も、投資用として不動産投資ローンを組んだ場合も、ローン返済ができなくなったときは最終的に競売にかけられる運命にあります。いずれも、債権者が負債を回収できない際の強行措置を取られることに変わりはないわけです。
そして、競売にかけられる前または競売が決定した後の協議によって任意売却ができるという点も両者ともに言えることです。任意売却なら、競売での落札価格よりも物件相場に近い額で売却できるため、ローン残債の返済に充てる額を少しでも稼ぐことが可能です。債権者との協議の上抵当権が抹消され、さらに売却額で残債を賄うことができれば任意売却はその時点で成功といえます。
ただし、物件の売却額でも残債が賄えない場合は、その分新たにローンを組み直して返済していかなければなります。特に投資用マンションを売却される方は他に本業で安定した収入を持っていることが条件となります。さらに賃貸契約をしている賃借人やマンション管理を委託している会社との協議が必須となります。投資用マンションの売却の際は時間を要することを覚えておきましょう。