マンションや戸建てを購入した際の住宅ローン、また投資用に購入した物件の不動産投資ローンは、購入時点では充分な返済計画のもとに組まれたもののはずです。しかし、何らかの理由による収入減少で購入当初から経済状況が悪化した場合は、予定通りにローンを返済することが難しくなるでしょう。ローン返済が滞る期間が長ければ長いほど、打てる手数と状況は不利になる一方です。早急に対策をしましょう。
ローン滞納が続いた場合、住み続けるまたは持ち続けることは大変難しくなります。ローンの債権者はなるべく早くなるべく多く債務の回収に当たりたいからと、見込みが薄くなるほど強行的にならざるを得ないのです。その最たる結果が競売です。競売にかけられれば、債務者は極力早く落札されてその額を残債の返済に充てたいため、かなり大幅に金額を抑えられることとなります。
競売が決定する前に任意売却の交渉を始めておけば、時間的にも若干の余裕ができますし、場合によっては売却にかかる諸費用や退去後の引っ越し資金を捻出できることもあります。返済滞納が長引くことによって債権者や裁判所の対応は厳しくなることから、早めの任意売却を勧める業者も多いのです。