住宅を手放さなければいけない状態というものは、かなり追いつめられていると思っても間違いありません。債権者から督促状が届き、債権回収会社からは競売開始の通知書類が届いている可能性もあります。当然、住宅ローンの支払いが不能になっていると考えられます。
できれば競売開始の前に、将来起こりうる状況を変えるためにも注目していただきたいのが任意売却です。任意売却は住宅を売却する一つの方法になります。住宅ローンを払えなくなれば返済するために任意売却を実行します。この時、住宅を維持したいと思っている方もいます。その住宅の維持というものも任意売却では可能です。
その一つの方法ですが、親戚や友人の方に任意売却をして住宅を購入してもらい、そしてその方に後払いをして住み続けるいう方法です。競売では特定の方に売却できるかは分かりません。上記したような方法はかなり難しいです。しかし、任意売却は一般の不動産売却と同じですので、特定の方に売却が可能です。ですから、親戚や友人の方に一時的に購入していただくということができるわけです。