一定の収入がある会社員なら、副業としてアパートを経営して収入を得ることもできます。

アパートなどを建築する場合にはローンを組む場合がほとんどですが、家賃収入を見込むことができるのでローンの支払いは困難にならない場合が多いためです。

しかしアパート経営をする場合には、入居者とのトラブル対応やメンテナンスが必要になります。このようなアパート管理に関することは、専門知識のあるアパート管理会社に委託することもおすすめです。アパート管理を委託する場合には、毎月一定の必要な料金を支払う必要がありますので、ローンを組む場合にはこの料金も考えておく必要があります。

一定の料金を支払うことによって、トラブルの解決のほかに玄関ホールや階段などアパートの共有部分の掃除や庭木のお手入れなどのアパート管理を代わりにしてもらうことができます。また、他にもアパート管理会社にしてもらうことができることとして、入居者の審査業務が挙げられます。