自宅を建築する場合に、自宅と併用のアパートを建築すると減税の対象になります。アパート管理をする場合には、自宅併用アパート管理にすることで住宅ローンの控除を受けることができるほか、ローン減税を活用することができるのでおすすめです。

自宅併用のアパートを建築した場合は、住宅ローンを毎月得られる家賃収入から支払うことでローンの返済が楽になります。しかし、ほかに仕事をしている場合はアパート管理をするのが大変です。

そのため最近は、入退去者の対応や共有部分の掃除やメンテナンスなど、手間と時間がかかる仕事の多いアパート管理を専門の業者に依頼する人が多くいます。アパートに入居する場合や退去する場合のメンテナンスや入居者の苦情処理なども対応してくれるため、今まで通り仕事を続けることができます。

住宅ローンの減税などを受けることで、アパート管理会社に支払う手数料にまわすことができるため金銭的な負担も少なくてすみます。