アパート管理の方法にはいくつかあります。家主自身が行う自主管理、管理会社に代理で行ってもらう委託管理、アパートを丸ごと借り上げ会社にリースし、アパート管理から入居者の募集まですべてを行ってもらうサブリースなどです。

アパートを借りた人は入居後に何かあればアパート管理者と連絡を取らなければいけないので、賃貸契約時に管理形態がどうなっているのかは確認しておきたいところです。

賃貸物件の募集広告には必ず取引形態が明記されています。貸主とあれば大家さん自身との契約になります。代理であれば大家さんに契約を委託された人との契約になります。仲介は大家さんと入居者との仲介をする会社との契約です。

代理物件は非常に少ないですが、契約について大家さんに代わって行っているだけで、アパート管理まで行っていない可能性もありますので、確認が必要です。単なる仲介業者には入居後のトラブル、アパート管理についてまでは相談できないと思っておいたほうがよいでしょう。