アパート管理をしていると、日照権について住人から説明を求められる事があります。自分たちの権利という認識はあっても入居者は法律に疎い事が多く、どこまでを求められるかについては知らないことも少なくありません。アパート管理をする側は入居者に対して快適な居住空間を提供する義務を負っている立場でありますので、法律に疎くわからないというのでは済まされません。

日照権については裁判でもしばしば争われるほど大きな問題に発展する可能性がありますので、アパート管理者側として正しい知識を持っておく必要があります。日照権は生活のために最低限必要な利益と考えられており、侵害されている場合は損害賠償などの訴えを起こす事ができます。アパートの場合、二階建てか三階建ての低層の建物が多いため、隣に建物が建てられるとすぐに侵害されてしまいます。

そのような場合、事前にアパート管理者側には通達がありますので、できる限りの対策を講じるようにしましょう。具体的には問題が大きくなる前に入居者に説明会を開くなど、住人の理解を得る努力をする事もアパート管理の業務です。