アパート経営には二つの方法があります。一つは既に建っているアパートを買い取ってアパート管理をする方法、もう一つは土地や建物をすべて自分で取得する方法です。どちらにしても自己資金では賄えないことが多く、金融機関のアパートローンを組むことになります。

ローンの返済方法には元金均等払いと元利均等払いがあります。元金均等払いは元金が減るのが早く、総支払額も少ないのがメリットですが、アパート管理上のデメリットもあります。アパート管理上キャッシュフローは不可欠ですが、ローンの返済においては金利のみを経費として計上できるため、当初は金利の割合が大きい元利均等払いのほうがキャッシュフローが良くなります。

アパート管理で重要な収益についても、ほとんど金利しか減っていないアパートは資産とみなされず、税金対策にもなります。住宅ローンでは総支払額が少ないほうが当然良いと言えますが、アパート管理においてはキャッシュフローを考えると一概にどちらが良いとは言えないので熟考が必要です。