アパートを所有し、所有しているアパートの管理運営をしていく上で、空室リスクはつきものです。空室が発生してしまった場合、もし銀行からの借入金でアパート経営をしているとしたら、返済に支障を来してしまうかもしれません。この為アパート管理において、入居率というのは常に注意していく必要があります。空室を発生させない方法としては、現在は管理運営してくれる不動産業者が多数ありますので、そういった業者に頼むのも一つの手段です。しかしこれだけでは、アパート管理における空室リスクを減少させる事はできません。借り手の住人の方達は、常に住みやすさや良い環境を求めています。これに対応していく為に、アパート管理においては、大家さん自らが、自分が所有する物件を注意深く観察する必要があります。住人の方達からクレームや苦情があった場合は、大家さん自らが、面倒くさがらずに対応しなければなりません。業者に任せきりでは駄目という事です。又、苦情に繋がりそうな事を見つけたら、早いうちにその芽を摘み取りましょう。こうする事で住人の方達は、業者任せではない良い大家さんだと思うようになり、空室リスクを軽減していく事ができます。