賃貸管理システムを利用し、入居者情報や家賃の回収状況、物件の修繕歴を管理するのは、賃貸不動産を経営、管理する不動産会社だけではありません。個人経営者も係るシステムにより、物件の情報は全て管理し、入居率が高く、家賃回収率が高い状況が維持されるように目指すことが出来ます。
賃貸管理システムへ反映された、家賃振込先に指定した経営者の金融機関への借主からの家賃入金情報或いは、借主から契約時に得た家賃引き落とし口座からの決済情報は、家賃の回収が滞りないかすぐに判断する為に、必要です。1か月分の滞りが翌月2か月分の家賃入金で解消されれば問題ありません。
しかし一度家賃が滞ると、2か月まとめて支払うことは非常に困難であり、1か月分が常に未納のままになる可能性だけでなく、そのまま滞り続ける可能性も危惧される状況です。家賃未納は退去要求が可能になります。そのため、弁護士へ相談すること及びその際金融機関情報と賃貸管理システムの情報が根拠になるため、保存しておくべきです。