相続などで手元に渡ってきた古いアパートをリロケーションとして賃貸物件にすることで、修繕費用や取壊し費用に加算することができます。リロケーションを扱っている不動産業者と契約することでスムーズに賃貸物件として貸し出すことができ、トラブルも未然に防ぐことができるのです。
リロケーション物件を賃貸した場合、一定期間がすぎると自動的に賃貸契約が解除されます。この「満期がきたら契約終了する借家権」が定期借家権です。退去の際にトラブルニなることもありますが、不動産会社が仲介してトラブルを未然に防ぐよう働きかけてくれるという利点もあるのです。
定期借家権に基づいて満期を迎えたあとは、借主が退去しなければなりませんが、貸主借主双方の同意があれば、ふたたび契約を結ぶことも可能です。赴任先での滞在期間が延びた場合、借主の都合が合致すればまた契約を結ぶことができるため、引き続き家賃収入を得ることができるという点も魅力的です。