アパートを持っている人はそこに住んでいることが意外と多いです。しかし、仕事の都合なりで一時的にでも家を引き払う必要が出る場合があります。そうしたときにせっかくの部屋を空き部屋にすることは非常に勿体ないです。そうしたときのためにリロケーションと言う貸し方をするのです。
これは一定の期間、アパートなり持家を貸すことをいいます。期間の決まっている転勤とかの時にその期間だけ貸すのです。こうした貸し方は実は非常に面倒だったのですが、2000年に借地借家法が改正されて、定期借家権と言うものが規定されて貸しやすくなったのです。今まではそうした期間貸しが難しかったのです。
元々アパートを経営していたのであれば特に問題なのですが、持ち家を一時的に貸したいという人は完全に素人です。そうした人は素直に業者を介して貸すこととがお勧めです。定期借家権があるとはいえ、不動産の貸し借りの契約はやはり専門的な知識を持った業者を介して契約したほうが安全です。