リロケーションと言う比較的新しい不動産の貸し方があります。期間貸しのことなのですが、法律が2000年になってやって改正されて期間貸しが可能になったのです。例えば、二年間の出張が決定したがその間だけ家を貸したい、と言う人が使う賃貸契約です。まだそれほど普及していないのですが、潜在的な供給力は非常に高いです。
こうした方法でアパートを借りても敷金と言うものが掛かることがあります。敷金と言うものをいまいちよく理解していない人が多いのですが、これは原状回帰させるための費用です。その為の費用を前払いしているのです。ですから、その必要がなかった場合は返還されることになっています。どんな借り方であれ、これは必要になります。
よく敷金礼金ゼロを謳っているところがあります。礼金はともかくとして敷金は原状回帰の代金ですから、払っていない場合は退去するときに部屋の傷んだ部分を直す費用として、請求されることがあります。そのことをよくよく理解しておくことです。リロケーションと言えでも例外ではないのです。