リロケーションでアパートを借りたときの礼金と言うシステム自体が賛否両論であり、旧時代的な考えの下で行われている慣習です。基本的には礼金とはこれからお世話になる人に渡すものです。つまり、長い間の付き合いを前提としているのです。
期間は様々ですが、リロケーションとは期間貸しです。ですから、そうした旧時代的な大家と店子の関係ではないのです。しかし、慣習的に礼金を要求してくるところはあります。そもそもリロケーション自体、2000年に認められた新しい賃貸の方法なのです。ですから、それに礼金と言う制度があるのが可笑しいのです。
しかし、いくら元々の存在意義から外れていると言っても貸し手のほうが立場が強いことは言うまでもないことです。貸し手から言えば、だったら借りなければ良い、と言うことになります。ですから、このあたりは割り切ってしまうことです。最近では礼金を必要としないところもたくさんありますから、探して見ることです。