アパート管理の業務は、建物の管理だけではありません。まずは、入居者の募集、審査、契約を行います。
入居希望者との条件交渉、各種賃貸借契約書類を作成します。いざ契約を結ぶ際の、賃借人への説明も肝要です。賃貸に限らず契約事というのは、曖昧さや抜けがあると、のちのちトラブルに繋がります。
契約は、入居時・退去時だけではありません。各賃借人の更新時期を把握して、連絡することも重要です。そして、毎月の家賃・共益費の集金管理になります。これらを個人で行うのは、大変な労力です。
そこで賃貸管理業務を、専門の管理会社に委託するという手があります。入居者の募集も、管理会社が行えば大手インターネット物件サイトに掲載も容易です。住居を探している人々から見ても、会社が管理している物件は安心感があり、集客力もあり、評判も良くなります。もちろん無料ではなく、委託手数料はかかります。しかし専門会社に管理を任せることは、入居者から見ても大家から見ても多様なメリットがあります。