大家は、アパート管理をするにあたって、賃貸管理会社に対して、その賃貸業務を委託することが多いです。そして、その契約内容とは、いわゆるサブリースとされることがあります。つまりは、賃貸管理会社が物件を借り上げて賃貸料の収入を保証するサービスのことを指します。このような手法は、土地を保有しているがそれを持て余しているような老人に対して、賃貸管理会社がそのような契約を持ちかけることから始まることが多いです。
そして、その会社に対して支払わなければならない費用は、賃貸料の10パーセントから15パーセントが相場であって、以外に大家は運営に関する管理費用を支払っていることがわかります。したがって、その管理費用を抑える必要が生じることがありますが、大家の自宅とアパートの距離が近かったりすると、大家は自身でアパートの清掃をして、年間にすると10万円から30万円の清掃費を浮かすこともでき、清掃については、シルバー人材センターに清掃を依頼すれば安く済むこともあります。