資産運用の一環としてアパートやマンションといった物件を経営する人はかなり多くいらっしゃいます。そういった不動産オーナー様は自身がオーナーを務める物件の賃貸管理を自分でする場合と、管理会社に任せる場合があります。双方にメリットとデメリットが存在することは事実です。
賃貸管理を外注するメリットは、不動産オーナーが自分の時間を管理に費やさなくて良いということです。その分他のことに時間を使うことができます。わずかな手数料を支払えばそれができるため、費用対効果も高いです。デメリットとしては、キチンとした管理会社に任せないといい加減な管理になる可能性があるということです。
オーナーが自身で管理する場合は、手数料を節約することができます。しかしその際のデメリットとしては、緊急時にも物件のオーナー自身が対応をすることになる、ということです。管理する戸数が増えるとそれだけ時間がかかってしまい、管理に手が負えなくなってしまうこともありえます。その点は注意しなければなりません。