リロケーションという言葉はあまり聞きなれないという人も多いでしょう。英単語の意味では移転や配置転換といった意味で、アメリカでリロケーションサービスと言うと、転勤をグローバルにサポートするサービスのことです。転居の届け出や家の売却、航空券・ビザの所得といった転勤に関する諸々の業務を行ってくれる会社を指しますが、日本の場合はこれとはかなり違ってきます。
日本では、1度買った家は一生ものという考え方が主流で、転勤になっても持ち家は売らず、転勤が終わったらマイホームに戻って暮らす人がほとんどです。このため、転勤中の我が家を賃貸物件として貸し出すことを日本ではリロケーションと呼んでいます。リロケーション会社と契約して転勤期間中の借り手を探してもらい、その人に貸すことで家賃収入を得られ、空き家の維持管理もできる便利なシステムです。
この日本流リロケーションが始まったのはごく最近で、背景には2000年3月に施行された「定期借家権」の存在があります。それまでは契約更新を前提とした賃貸契約しかなく、1度契約を交わした場合、貸主からの解約は困難でした。しかし、定期借家権の登場で期限付きの賃貸契約が可能になり、日本独自のリロケーションというシステムが普及し始めました。転勤予定の人はリロケーションを上手く活用して家賃収入を狙ってみると良いです。