リロケーション物件の料金の相場は同じような物件の家賃より安いことが多いです。これには理由があります。そもそもリロケーションと言うのは2000年になって新しく借地借家法が改正されて出来るようになった賃貸方法です。簡単に言えば、期限貸しと言うもので期限を決めて貸すのです。
言うまでもありませんが、期限がきたら退去する必要があります。普通の賃貸物件の場合は基本的には更新できることになっていますが、リロケーションでの契約の場合は別です。必ず退去する必要があります。相手方の条件が変わって更新できることもあるのですが、あくまで契約外ですから期待ができません。
もちろん、相手が更新を望んでもこちら側が拒否すれば契約は延びませんから、あくまで決定権はこちらにあるということです。リロケーション物件は家賃の相場が安い理由をよくよく理解して契約することが重要です。わからないことがあったら相手側にしっかりと説明をお願いすると良いでしょう。