今現在使用していないマンションを貸す場合には、不動産会社に借り手を探してもらうのが一般的です。自分で借り手を探すのは、大変な労力とノウハウのある不動産会社に比べると大変不利になります。そこで不動産会社に仲介を依頼することが最善の方法です。マンションを貸す場合には、将来そのマンションを使う予定がなければ通常の普通借家契約を行えばよいのですが、期限をつけて貸し出しをするときには定期借家契約を採用することになります。
普通借家契約では、期限を決めて貸し出しますが自動更新となっている契約が多く半永久的に貸し出しを目的とする物件となります。定期借家契約では期限を決めて貸し出しをしますが、自動更新を行わず期限が来れば明け渡してもらう契約です。将来そのマンションを利用することがあれば定期借家契約を選択することになります。このようにマンションを貸す場合には2つの契約方法があるので、将来マンションの利用についても考える必要があります。