空室となっているマンションを所有しているときに住む必要がなければ売却をして売却代金を得るか、賃貸物件として収入を得るかのどちらかになります。売却をすれば一時的に大きなお金を得ることができますが、同時に多額の税金の支払いもあります。さらに定期的なお金を得ることができません。定期的な収入を得ることを考えるとマンションを賃貸物件とする選択肢も自然です。この時、一棟所有していなくても構いません。ワンルームからでも問題なく貸すことができます。
マンションの賃貸では契約をする時の敷金や礼金があり、毎月家賃と管理費の定期的な収入を得ることができます。毎月家賃として定期的な収益が見込めるので、不動産物件を貸し出すのは魅力的な方法です。特に老後の年金以外にも現金の収益があれば安心して生活していくことができます。不動産物件を貸し出すとき、または新しく入居者の募集をするときはリフォームなどの心配もありますが、不動産物件を担保に必要な資金を借りることができるので安心です。