マンションを賃貸に出す場合には、最初から1棟ごと貸し出す場合と今まで住んでいた、または利用していた部屋を貸し出すことになります。前者の場合には、建設当初から不動産屋と取引があるので、その不動産屋が入居者募集から管理を行うのがほとんどです。後者では、新たに住居を別にすることで貸すことになります。永久的に利用しない場合にはマンションを賃貸に出すことで家賃収入を得ることができますが、一時的な場合には期限を設けて貸し出すことになります。この貸し出しが永久的か一時的かにより最初に契約をする賃貸契約が変わってきます。
一時的に貸す場合でもリフォーム・リノベーションを行う方が家賃を高く設定しやすいというメリットがあります。したがって、リフォームは検討すべきだという意見も増えています。
マンションを貸す場合には、不動産屋を仲介して入居者を募集するのが安全に貸し出しをすることができます。貸し出した後のトラブルや家賃回収となる不動産の管理も依頼することができます。不動産物件を貸し出す場合には、不動産屋に依頼をして進めるのがトラブルにならない方法です。