「レインズ」についての解説

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

キーワード「レインズ」とは・・・

レインズは宅地建物取引業法に基づいた、不動産流通のための不動産業者用のサイトです。このサイトに不動産業者が自社で依頼を受けた不動産の情報を公開し他の不動産業者が検索できるようになっています。レインズを利用する事で幅広く情報が公開され、成約につながるわけです。レインズの登録には不動産媒介契約に定められた一定の条件が定められています。一般媒介契約であれば登録義務はなく、専任媒介契約では7日以内に登録をして2週間に1度以上の業務報告、専属専任媒介契約では5日以内に登録をして1週間に1度以上の業務報告が必要なります。

堂下代表の一言

解説でもお伝えしたのですが、媒介契約の種類により登録義務、報告義務がありますが、 これを行っていない不動産業者さんもおりますのでご依頼の際は注意が必要です。 またレインズに登録するというのは2つの考え方があります。

  1. 物件情報を登録する。
  2. 物件図面を登録する。

という事です。まれに物件図面が登録されていない場合がありますが、 これでは情報を見つけた業者にとって不便な事は確かです。また手書きの図面を掲載したり、 写真等がない図面が登録されているケースもあります。こうした事を行う不動産業者さんがどんな会社さんかは察しがつくと思いますが、皆様が媒介契約を不動産業者さんに依頼をするという事は「成約(買い手が見つかり契約を交わすこと)」が目的なわけですから、不動産業者さんに任せきりにしないで、登録をした物件の図面、広告方法などを確認して置く事も重要だと思います。現代の不動産業者さんには「レインズに登録する」だけではなく、「プロモーション能力」が必要となってきています。なるべく「早く」「高く」成約するように動いて貰いましょう。

リビンマッチ編集部より

「レインズ」とはReal Estate Information Network Systemの略称(REINS)で、不動産の情報交換や流通の活性化を目的としたシステムです。レインズは指定流通機構の会員登録がある不動産会社だけが利用できます。したがって、一般の我々がレインズを見る機会はほとんどありません。

堂下代表が言うように、レインズに自分の物件がどういったかたちで登録をされているのかを詳しくチェックすることは非常に重要です。専門的で一般には公開されないツールだからこそ、不動産会社それぞれの使い方が濃く表れ、逆に我々には不可視なものとなっていると感じます。 「早く」「高く」不動産を売却する為には、媒介契約を結んだあとも不動産会社に丸投げして任せるのではなく、こちらからどういったかたちで物件を売り出しているのか等を精力的に知ることが必要です。不動産会社と二人三脚の姿勢で不動産売却を進めていきましょう。

 

logoAM3

企業名 日本AMサービス
住所 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1202
事業内容 ・不動産投資資産形成サポート業務 ・賃貸管理業務
・賃貸経営サポート業務 ・ローンアレンジメント業務
・その他不動産投資に関する業務
氏名 堂下 葉
所属/役職 代表
資格 宅地建物取引主任者、不動産証券化協会認定マスター、証券アナリスト、全国経理教育協会簿記上級、日本商工会議所簿記2級、国際会計検定(BATIC)Accountant Level、証券外務員2種
電話番号 03-5623-2325