「共有持分」についての解説

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

キーワード「共有持分」とは・・・

共有持分は一つの物件を複数の方が共同で所有している場合に、それぞれの所有者が保有する割合の事をいいます。

<共有持分が発生するケース>

①親の土地を相続した場合に子供2名でそれぞれが2分の1ずつ共有持分を保有するケース

②分譲マンションを購入した場合に夫婦共有名義で2分の1ずつ保有するケース

 

堂下代表の一言

共有持分で不動産を保有している場合、問題が発生する事が非常に多いです。

そうした問題が発生する原因は共有持分の全体を処分する際に共有持分者全員の承諾が必要となるためです。

例えば相続などで共有持分となってしまった建物などの場合、自身の共有持分を処分したくても一方の権利者がその建物に住んでおり、処分の承諾が取れないなどがあります。

自己の共有持分のみ売却する事は可能なのですが、買手が見つからなかったり、買手が見つかっても市場価格を大幅に下回る金額でしか売却する事ができません。

また昨今では夫婦共有で保有していた住宅などを離婚のため手放そうと動いても共有持分者が感情的になってしまい、一向に処分が進まず、売却に長く時間がかかり、金融機関への返済などでももめてしまい、最悪のケース、双方が破産すると言うケースもあります。こうした事を考えるとできる限り共有持分で保有する事は避けた方が良いと思います。

リビンマッチ編集部より

堂下代表の例のように、他の権利者が住んでいる不動産の場合などは、簡単に不動産を手放すことは難しいケースがほとんどです。

そういった共有名義の不動産を売却する方法のなかに、「自分の持分を共有名義人に買い取ってもらう」という方法があります。

しかし、親族間の確執やいさかいなどによって、こういった売買でさえスムーズに運ばれないケースは多々あります。

そういった際は、関係の仲裁も含めた対応ができる不動産会社を探して、根気強く取り組む姿勢が重要です。

 

logoAM3

企業名 日本AMサービス
住所 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1202
事業内容 ・不動産投資資産形成サポート業務 ・賃貸管理業務
・賃貸経営サポート業務 ・ローンアレンジメント業務
・その他不動産投資に関する業務
氏名 堂下 葉
所属/役職 代表
資格 宅地建物取引主任者、不動産証券化協会認定マスター、証券アナリスト、全国経理教育協会簿記上級、日本商工会議所簿記2級、国際会計検定(BATIC)Accountant Level、証券外務員2種
電話番号 03-5623-2325