インターネットで不動産売却を成功させるポイントとは?

最近では、不動産の売却や購入を検討する際、インターネットを利用することは必要不可欠であり、ホームページを持たない不動産会社は極少数です。検討者はネットで、膨大な数の不動産会社から要望に沿う企業を探さなくてはならなくなりました。
そこで、今回は株式会社リアルさいたま・星地様にインターネットを使った不動産会社を選びのポイントや売却のコツについてお伺いしました。

インターネットで不動産会社を選ぶポイントは何ですか?

お客様は検索をかけて上位に出てくるHPから見ているのかな?と思います。それとポータルサイトの会社紹介から辿りつくパターンもありますね。
そんな中で、HPの作りが見やすいかどうかは非常に重要だと思います。お客様が見に来ることを意識しているのかどうか、という部分ですね。綺麗で見やすいと思えば、HPの中身もしっかり読んで頂ける。それに情報量の多さや綺麗な画像が載っているか等も注意して見てほしいですね。

リビンマッチのようなポータルサイトの場合、会社選びのポイントはどこになると考えますか?

一括で査定ができるので、とりあえずは沢山の企業から査定結果を聞いてみることだと思います。ただ、最終的に値段だけで企業を選んでしまうのは危険だと感じます
 例えば、車を買取ってもらう査定サイトでも同じことが言えるのですが、ある会社に高い金額を提示されたので、他の会社を断っていざ話を進めていくと、実際には様々な条件があり、結果的に安い値段で契約してしまうことがあります
 不動産取引でもそういったことが起こり得ると思います。査定結果の金額が、本当に信頼性があるかどうかを考える必要があります。つまり「金額の妥当性」ですね、本当にそれが、一般の方が見てもおかしくない金額なのかどうかを俯瞰的に考えることが重要です。

例えば複数社に依頼を出した場合、一番高い金額だけを信じるのは危ない?

そうですね。しかし、いざ値段を見極めるとなった時に、一般のお客様は「不動産の知識がないし、どうやって見極めたら良いんだろう」と思うでしょう。
しかし、そんな方でもその「金額の根拠」は聞くことはできると思います。例えば弊社が価格を出すときには、路線価と周りの新築物件の値段、この二つの角度からアドバイスをします。路線価の何倍だといくらだけど、周りの新築は価格がいくらだから築年数から考えるといくらだという形で価格を出します。
しかし、これ以上に高い価格を提示した会社がいたとして、反対の買う側に立ったとき、その値段で買うのか?ということも伝えます。つまり根拠が大事ですね。

リアルさいたま星地様2

そういった点では、不動産会社を選ぶときには、価格の提示以上にコンサルティング的な要素を持っているかも含めて選んだほうが良いんですね。

そうですね。企業の対応を見るのも重要です。価格以外でも「スピード」・「タイミング」・「営業マンとの相性」といった部分で選ばれるお客様もいらっしゃいます。スピード感がある対応、電話できちんと答えてくれるか、またそのタイミング、また営業マンと相性が良いと数日・即日でトントンと話が進み最終的な価格を提示できると思います。会社の規模などを気にされないお客様の方がうまくいく場合も多いですね。

なるほど、そういった部分でも沢山の会社に問い合わせてみると良いんですね。では、最終的にネットで売却を成功させるコツはどういった部分になるのでしょうか?

「査定」という言葉を言い換えると「意見」だと考えてもらえるといいですね。最終的に金額を決めるのはお客様です。そこでどれだけ我々不動産会社の意見を汲み取れるかというところです。本気で売りたいのであれば、「こういう風に売った方が良いんじゃないですか?」という意見を素直に受け止めて頂く。不動産会社は基本的には売れないアドバイス・意見はしません。
やはりお客様にもご希望の金額があると思います。例えばその値段で売りに出したとして、何の反応もなかった場合、我々は金額を下げるアドバイスをします。その際、「いや、まだ」と粘ってしまうと、売却のスケジュールは狂ってしまいます。また、購入希望者が値引きを希望された場合も同様です。査定額より高い値段で売りに出した物件を、購入希望者がイチかバチかの値段交渉をしてくることがあります。その時どう判断されるかはお客様次第ですが、そういったお客様を逃すとずるずると売れないパターンが多いですね。
 売りに出してすぐ購入の申し込みが入ったとしても「まだ出したばかりなんで」と断ってしまう方います。そうすると半年・一年とちょっとずつ値段を下げて行ってしまい、そういった下げ方の場合、魅力もなくなってしまう。

売りに出してすぐに来た購入希望者を断ってしまうことが多い?

そういった事例はよくあります。いざ売りに出してすぐ反響が来ると、「すぐ来る」=「これはバンバン問い合わせが来るんじゃないか」と受け取られる。でもそうじゃないんですよね。どの物件も「生鮮食品」と一緒で、出てきてすぐさばかないと「あの物件か」と思われてしまい、ちょっとやそっと値段を下げたぐらいじゃ、新規物件にしか興味のない方には響きません。ある物件をあと300万円下がったら買おうと思っていた方がいたとして、いざ300万円下がったときにはもう冷めてしまっていると言うことです。

それは半年・1年といった長い期間で値段を下げた場合ですね?

一気に300万円下がれば良いのですが、長い期間をかけて少しずつ安くすると、結局300万円下がった状態でも売れていないということは、買う方もまだ値段が高いんじゃないかと思ってしまう。 だから、お客様が「あと300万円高く売りたい」という場合、300万円という額は大金ですが、我々は少しでも早く売ってもらいたいという、単に商売だけじゃない実例を踏まえてアドバイスするのですが、なかなか受け止めてもらいにくいのが実情です。

あくまでも不動産会社の提案は意見・アドバイスというぐらいのものだと捉えなくては駄目だとして、しかしそれをかなり参考にしつつ動いた方が良いということですね。

それを言ってしまうと「不動産屋の言うことに従えば良い」という話になってしまうのですが、変にウガった考えを持たずに素直に話を受け止められた方が案外スムーズにいくと思います。これは購入希望の方にも言える話です。我々は売主ではなく、仲介業者ですから、同じ価格帯のものであれば一番良い物件を買ってもらいたいという前提があります。それをどう受け止めるかですね。

確かにそうですね。ネットというツールが発達して、お客様自身で他社からの話も聞きやすくなっている現在、お客様を騙したり損をさせたりというケースは起きにくいと思います。

そうですね。売却を成功させる為にどうしたらいいかというと、まず売りたい金額を明確に伝えて、その金額で売るにはどのようにしたらいいかの「スケジューリング」をアドバイスしてもらう。そしてその金額が明らかに難しいと言われているのに「難しくないよ」と思い込まないことですね。そういった高い金額で売りに出すお試期間は1ヶ月ぐらいですね。それを「あと1ヶ月待てば買ってくれる人が現れるかもしれない」とずるずる引き延ばすのは決して良いことではありません。

ありがとうございました。インターネットで不動産を売却する秘訣はあくまでも売主が不動産会社のアドバイスをどう活かせるか、ということになるんですね。

 

リアルさいたまロゴ

企業名 株式会社リアルさいたま
住所 〒331-0804 埼玉県さいたま市北区土呂町2丁目10-2
事業内容 ・不動産仲介 ・不動産買取り ・無料即日設計サービス ・リフォーム見積もりサービス ・火災保険比較サービス
氏名 星地 敏道
所属/役職 代表取締役
資格 宅地建物取引士、宅建マイスター
生年月日 s44.6.17
出身地 愛媛県松山市
趣味・休日の過ごし方 ダイビング・ゴルフ
座右の銘 即断即決