「共有持分分割請求」についての解説

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

 

キーワード「共有持分分割請求」とは・・・

相続や夫婦共有名義などを共有持分で取得した不動産について共有持分者間で何らかの問題が発生して、共有している物件を換価したくても換価できない場合(共有持分者の承諾が得られない)に、共有持分者の権利として共有持分分割請求権があります。

堂下代表の一言

共有で不動産を保有するという事は互いに信頼しあって始めて成り立つのですが、残念ながら離婚や争族となっているケースが非常に増えてきている様に思います。

赤の他人よりも近しい関係になればなるほど、問題が発生してしまうと解決する事に時間がかかってしまう様です。それでも穏便に済ませたいという方が殆どで、何も進展しないままこうした共有関係が続いている物件も非常に多いと思います。

この様な状況が町で良く見かける廃墟となって処分されていない空家などとなっている要因の一つなのだと思います。共有物分割請求は法的にもあまり知られていない手法で弁護士の方でも対応をされた事がある方が少ないレアケースです。

相続税の改正、空き家措置法、離婚数の増加を考えると共有問題の数は増えて行くように思います。やはり争いは避ける事が最善だと思うので、相続が発生した際にこうした知識のある不動産屋、税理士などに相談する事が重要だと思います。

リビンマッチ編集部より

不動産の共有持分はローンや相続によって致し方なく発生してしまうケースがほとんどですが、共有持分のデメリットやリスクはしっかりと把握しておきましょう。

堂下代表が言うように、夫婦間の離婚や親族間の不和により問題が発生し、共有持分分割請求をすることになりますが、協議による分割が難しい場合は調停や裁判にもつれ込む可能性があります。

そういった状態になりそうな場合は、あらかじめ専門家に相談しておくことが重要です。

 

logoAM3

企業名 日本AMサービス
住所 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1202
事業内容 ・不動産投資資産形成サポート業務 ・賃貸管理業務
・賃貸経営サポート業務 ・ローンアレンジメント業務
・その他不動産投資に関する業務
氏名 堂下 葉
所属/役職 代表
資格 宅地建物取引主任者、不動産証券化協会認定マスター、証券アナリスト、全国経理教育協会簿記上級、日本商工会議所簿記2級、国際会計検定(BATIC)Accountant Level、証券外務員2種
電話番号 03-5623-2325